学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

他者の靴を履く―アナーキック・エンパシーのすすめ

その他

他者の靴を履く―アナーキック・エンパシーのすすめ

ブレイディみかこ(著)

「文學界」連載時から反響続々! 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』に次ぐ「大人の続編」本。 「わたしがわたし自身を生きる」ために―― エンパシー(=意見の異なる相手を理解する知的能力) ×アナキズムが融合した新しい思想的地平がここに。

ロッキード

その他

ロッキード

真山仁(著)

角栄はなぜ葬られたのか? 新証言と膨大な資料を駆使した人気作家渾身の超弩級ノンフィクション、ついに刊行!。 フワフワとした事件――元最高裁判事が抱いた違和感とは。前総理逮捕という「特捜の金字塔」は神話に過ぎなかったのか。関係者多数に徹底取材。多くの新証言を得て田中角栄を葬った“真犯人”に迫る。いまロッキード事件の真実が明らかになる。

人間の建設

その他

人間の建設

小林秀雄(著)

世界的天才数学者とあの小林秀雄による史上最強の雑談。 酒の味から、アインシュタインまで。 有り体にいえば雑談である。しかし並の雑談ではない。 文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による雑談である。 学問、芸術、酒、現代数学、アインシュタイン、俳句、素読、本居宣長、 ドストエフスキー、ゴッホ、非ユークリッド幾何学、三角関数、プラトン、理性…… 主題は激しく転回する。そして、その全ての言葉は示唆と普遍性に富む。 日本史上最も知的な雑談といえるだろう。

アガンベン読解

その他

アガンベン読解

岡田温司(著)

「メシア」「声」「註釈」「潜勢力」「閾」「身振り」「瀆聖」「無為」「共同体」に「生-の-形式」を加えた10の鍵概念からアポカリプス(啓示)の思想家の核心に迫る、恰好の入門書。

ファッションの仕事で世界を変える―エシカル・ビジネスによる社会貢献

その他

ファッションの仕事で世界を変える―エシカル・ビジネスによる社会貢献

白木 夏子(著)

地球を蝕む社会問題への取組みと、キラキラ輝く自分の夢の追求と、ビジネスへの挑戦心――すべて一緒に叶えるのがエシカル・ビジネス。その実践への教科書。

不寛容論: アメリカが生んだ「共存」の哲学

その他

不寛容論: アメリカが生んだ「共存」の哲学

森本 あんり(著)

「不愉快な隣人」と共に生きるにはどうすればいいのか。 いま必要なのは、キレイごとぬきの政治倫理だ! 異なる価値観を持つ人びとが共生する多様性社会を実現する方法とは。 世界一偏屈なピューリタンが生み出した、したたかな共存の哲学。

誰よりも、うまく書く:心をつかむプロの文章術

その他

誰よりも、うまく書く:心をつかむプロの文章術

ウィリアム・ジンサー(著)

伝説的なノンフィクション・ライターであるジンサーによる本書は、 「ジンサー語録」としてよくブログなどで紹介されるように、 誰でも、明確につたえ、温かみをそえ、個性を打ち出す書き方のコツと心構えを余すところなく伝授してくれる。 アートやスポーツ、科学・テクノロジーの記事や硬派なジャーナリズムの記事にとどまらず、 ついついロボット口調になりがちな学校や会社といった組織が発行する文書、 さらにはパーソナルな旅行記、回想録、家族史にいたるまで、あらゆるノンフィクションのジャンルをカバー。 この本はあなたの一生の友になる!

ゼロからわかるファイナンス思考 働く人と会社の成長戦略

ビジネス書

ゼロからわかるファイナンス思考 働く人と会社の成長戦略

朝倉 祐介(著)

会社が成長する仕組みを知れば、現場の打ち手がわかる。 「いまの仕事」を「5年後の自分の進化」につなげる、ビジネスパーソンの基礎教養。

幸福はなぜ哲学の問題になるのか

その他

幸福はなぜ哲学の問題になるのか

青山 拓央(著)

幸福とは何か。 いかにして幸福になるか。 そして、なぜ幸福になるべきか。 幸福とは何かを、ただ一つの答えがないことを含めて、 読者とともに考えていく本。 お仕着せの幸福論に、満足できなかった方に。

へび ながすぎる

絵本

へび ながすぎる

ふくながじゅんぺい(著)

なが~いへびを、へびとはきづかず、楽しく遊ぶ動物たち。 ウサギはおおなわとびをして、ゴリラはターザンごっこ、そしてみんなでプールあそび!? 驚きとユーモアたっぷりの展開に、つぎつぎとページをめくりたくなるはず!

移動祝祭日

その他

移動祝祭日

アーネスト・ヘミングウェイ(著)

海外名作新訳コレクション。晩年の文豪がパリでの青春を回想する。

スマートな悪 技術と暴力について

その他

スマートな悪 技術と暴力について

戸谷 洋志(著)

いま、あなたの周りには、いったいいくつのスマートデバイスが存在するだろうか。もしかしたら、あなたのポケットにはスマートフォンが入っているかも知れない。あるいはあなたの腕にはスマートウォッチが巻かれているかも知れない。スマートスピーカーで音楽を聴き、スマートペンでメモを取っているかもしれない。あなたの家はスマートロックに守られているかも知れない。そんなあなたはスマートシティに住んでいるかも知れない。 私たちの日常を多くのスマートなものが浸食している。私たちの生活はだんだんと、しかし確実に、全体としてスマート化し始めている。しかし、それはそうであるべきなのだろうか。そのように考えているとき、問われているのは倫理である。本書は、こうしたスマートさの倫理的な含意を考察するものである。

創造力を民主化する―たった1つのフレームワークと3つの思考法

ビジネス書

創造力を民主化する―たった1つのフレームワークと3つの思考法

永井翔吾(著)

本書があなたの中に眠る創造力を解放する! 「司法試験合格→経産官僚→BCG戦略コンサルの、ガチのロジカル人間だったわたしが、なぜ、スタートアップで創造力を開発するプロダクトの立上げをできているのか? それは、一部のクリエイターやイノベーター、コンサルタントの間に閉ざされていた創造的に考える技法を知り、練習したからです」と著者は語ります。その「技法」をわかりやすく、誰でも容易に実践できる型として、整理・統合したのが本書です。

小林秀雄全作品〈24〉考えるヒント〈下〉

その他

小林秀雄全作品〈24〉考えるヒント〈下〉

小林 秀雄(著)

さくら、お月見、天命、還暦…。四季の折々、人生の節々、おのずと胸にわく感慨を味わい、哲学に、焼物に、思いをひそめる五九歳~六一歳、こころ自在の随想録。

プリンス

その他

プリンス

真山 仁(著)

民主主義は、国を豊かにし、明るい未来をもたらすのか。 人気シリーズ「ハゲタカ」で、〝お金は人を幸せにするか″というテーマを現代社会に投げかけた著者が、〝民主主義は人を幸せにするか″というテーマに挑む渾身の1冊。

仕事は自分ひとりでやらない

ビジネス書

仕事は自分ひとりでやらない

小田木 朝子(著)

「いつも一人で仕事を抱え込んでしまう……」 「誰かに仕事を任せたり、頼ったりするのが苦手……」 「自分の仕事だからひとりで頑張らないと……」 「周りに迷惑をかけたくない……」 「仕事がもっとできるようになりたい……」 など、と思ったことはないですか。 段取り力、生産性を上げる方法、効率化する、モチベーションを上げる……といった様々なビジネススキルがありますが、今注目されているビジネススキルが「ヘルプシーキング」です。 ヘルプシーキングとは、「一人で抱え込まず、周りに助けを求める」ビジネススキルです。 日本人は他国に比べて周りに迷惑をかけてはいけないというマインドが強く責任感を感じやすいため、仕事を抱え込んでしまう傾向にあると言われています。 仕事で周りを頼り、ヘルプを求めるためのスキルを日本で数少ないヘルプシーキングの専門家であり、ヘルプシーキングを経営者、マネージャー、ビジネスパーソンなどに指導している著者が、本書で初公開しています。

Anthro Vision(アンソロ・ビジョン) 人類学的思考で視るビジネスと世界

ビジネス書

Anthro Vision(アンソロ・ビジョン) 人類学的思考で視るビジネスと世界

ジリアン・テット(著)

『サイロ・エフェクト』著者最新作! 経済予測、金融モデル、マーケティング、ビッグデータ・・・・・・ なぜ現在社会の知的ツールは、問題解決に失敗するのか? 社会科学とデータサイエンスの融合で、人類学的知見が果たすべき役割とは? 「極端な不確実性」に直面する現在、過去の延長戦で考えるのは危険だ。 FTのトップジャーナリストが、混迷の時代に必要な「幅広い視野」を解説した話題作。

21世紀の教育

その他

21世紀の教育

ダニエル・ゴールマン(著)

『EQ こころの知能指数』のダニエル・ゴールマン 『学習する組織』システム思考のピーター・センゲ トータル700万部以上の2人が20年以上、情熱を傾けた 21世紀の教育のための渾身のアプローチ!