学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

小説

理不尽ゲーム

『理不尽ゲーム』



 

今日は独裁政権ベラルーシの現状を描いた小説『理不尽ゲーム』について。
希望を感じて動いたところを徹底的に叩き、恐怖を感じさせる。その恐怖感を一旦学習してしまうと、人は容易に動けなくなる。
どれだけ政権に反対でも、動かない市民のリアリティを感じました。