学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

小説

金閣寺

金閣寺 (新潮文庫)



今日からは三島由紀夫の『金閣寺』。
本日のテーマは「金閣を焼かねばならぬ」という発言から、人間の意思決定の意味不明さを考えます。
こういう事件があると「心の闇」っていうけど、誰の心も闇だらけなんだと思う。



三島由紀夫『金閣寺』2日目。
憎き老師は殺しても生き残る。しかし金閣は殺すことができる…。主人公が至ったこの考えは、一見意味不明だけど、実は本質なのではないか。
という勝手な僕の解釈です。
具体と抽象のお話。