学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

ビジネス書

教養としてのギリシャ・ローマ

教養としてのギリシャ・ローマ―名門コロンビア大学で学んだリベラルアーツの真髄



今日からは『教養としてのギリシャ・ローマ』です。
初日のテーマは、我々はなぜリベラルアーツを学ぶのか。書籍で語られる5つの理由をベースに、「先人の思考を学ぶ」ことの意義を考えてみた。



『教養としてのギリシャ・ローマ』2日目は、この書籍の中心に意味づけられているラファエロの「アテナイの学堂」という絵画をベースに考えを深めました。
自分の知に中心があるとしたら、何だろうか?考えてみてください。