学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

ビジネス書

荒木飛呂彦の漫画術

荒木飛呂彦の漫画術【帯カラーイラスト付】 (集英社新書)



今日は『荒木飛呂彦の漫画術』です。
何よりも大事なのは、キャラ作りであり、そしてその根本にあるのはキャラの「動機」。
その人は何に動かされるのか。この視点は漫画のみならず経営者を理解するためにも使えると思う。



1日置いて再び『荒木飛呂彦の漫画術』。
今日は「世界観」の作り方です。
キャラクターと世界観の相性によって漫画の面白さが決まる。そう考えると、自分の会社の「世界観」は何かチェックしたくなりますよね。