学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

ビジネス書

kotoba43号『将棋の現在地』

kotoba2021年春号



今日は珍しく将棋の話。
「棋士の一番の苦しさは、自分のセオリーを自分で崩すこと」
という鈴木棋士の言葉は、どの立場でも共通だと思います。
自己否定と学習。この反復しかないんですよね。



今日は珍しく「国語」の話。
論理的な文章というのは、誰からも突っ込まれない文章でもなければ、権威を感じさせる文章でもない。
「論理国語」という科目の難しさを考えました。