学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

その他

フランス革命の省察

フランス革命についての省察 (光文社古典新訳文庫)



今日からは保守主義の父、エドマンド・バークの『フランス革命の省察』です。
「変わらないために、変わる」という保守主義の源流がわかる。革命の真っ只中に書かれてものなので、当時の思想の対立がわかる歴史的著作なのだ。



変革している当事者って、どうしても「組織はかくあるべし」という合理を追求し、経験を軽んじてしまうもの。でも、そのスタンスは必ずしも正しくないことがわかる。
企業内でも起こる合理論対経験論の対立。歴史を学ぶことって大事だな。