学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

ビジネス書

成果・イノベーションを創出するダイバーシティ・マネジメント大全

成果・イノベーションを創出する ダイバーシティ・マネジメント大全



100人いる人を効率的に管理をしようと思ったら、性別とか年齢とか役職で2〜3の記号に分けて、記号ごとの見方を統一した方が楽なんだと思う。
でも、100通りの人生がある中で、それでは失われる情報が多過ぎる。

今まで追い求めていた「効率性」とは何か?何のために効率性を求めていたのか?そろそろその正体を考えるべきなんだと思います。
急がば回れ、じゃないけど、真の意味で「効率的」になろうとしたら、短期的にはもっと面倒なことをした方がいいのかもしれません。