学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

ビジネス書

予算ゼロでも最高の人材が採れる まちがえない採用

予算ゼロでも最高の人材が採れるまちがえない採用



面接する側が、実は自分が面接されているという自覚がないケースをよく聞く。
志望者に自己PRをさせる一方で、自分はその会社が何者なのか、何を目指す存在なのかということを理解できていない悲劇というか喜劇がいろんなところで起きていると思う。

採用する側がぼんやりしていたら、ぼんやりと志望している人しか採用できないし、ぼんやりとした理由の退職者が増えていくだけだ。
採用のテクニックの前に、まず採用する自分たちの姿を見つめ直してみよう。