学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

ビジネス書

マイノリティデザイン

マイノリティデザインー弱さを生かせる社会をつくろう(ライツ社)



キャリアを考える時、「得意なこと」「強いこと」ばかりに着目しがちだけど、「苦手なこと」「弱いこと」という着眼もあるんですよね。

苦手だからこそ、得意な人には見えないことがある。
苦手な人の視点で語ること、苦手な視点で作ることが多くの人の心を捉えることがある。

“すべての「弱さ」は、社会の「伸びしろ」“という言葉がありましたが、凝り固まった考えを柔らかくしてくれる一つのヒントになりそうです。