学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

ビジネス書

オンライン・セミナーのうまいやりかた

オンライン・セミナーのうまいやりかた



コロナをきっかけに、今まで集合型でやっていたものがどんどんオンラインに移管されつつあります。
これはコロナが明けても同じこと。みんなオンラインでもいける、ということに気づきつつあるから、コロナが終わってもこの習慣は変わらないと思います。一時凌ぎの話ではありません。

となると、次に問われるのは集合型イベントのアップデート。
今まで通りのことをやっていたら、「オンラインで十分だ」という声が出てきてしまいます。
だからこそ、集合型には「集まらななきゃできないアクティビティ」を織り込む必要が出てくる。今までは当たり前のように集まっていましたが、これからは集まるってことはとても貴重な時間になっていくのですよね。

こうしてオンライン化をきっかけに、教育の「時間あたり密度」が高まっていくことになればいいですね。
僕も今のうちに「集合型プログラム2.0」のフォーマットを考えておかないと。