学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

小説

河童

河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)



今日は芥川龍之介の『河童』。
似ているようで常識が異なる河童の世界。
これって現実社会でもよくある話で、全く異なる常識感覚で生きてる人たちの世界はすぐ身近にあるってことだよなと。