学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

ビジネス書

会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書

元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書



動画でも音声でも、仲の良い大人たちが楽しく雑談しているコンテンツは、どれだけ中身がなくてもコンテンツとして成立しちゃうんですよね。
多分、「話し方・聞き方」そのものがコンテンツになっているということなんでしょう。
その話にそういうリアクション取るか!とか、そこ流すか!とか、そういう些細な反応そのものが面白い。だから、最終的なオチとかはどうでも良くなる。

芸の中には「リアクション芸」というカテゴリーがあるけど、ビジネスにおいても「リアクションスキル」は一つの確立されたスキルなんだなぁと改めて。