学びデザイン Official Site

Contents Library コンテンツライブラリ

ビジネス書

『大衆の反逆』をイラストで理解しよう!〜イラストNo.56

大衆の反逆

スペインの思想家であるオルテガが1930年に書いた名著。
平たく言えば、「自分の考えを持ち、そして考えの異なる他者と共存しよう」というリベラルなメッセージ。
特段の思想を持たず、大多数であることが拠り所である「大衆」が幅を利かせている、という構造は、現代への警笛にも通じます。

「思想とは、真理に対する王手である」
「文明とは力を最後の理性に還元する試み以外の何ものでもない」
「現代の科学者は大衆的人間の原型だということになる」

など、名言が満載。
この本をベースに読書会がしたい。