学びデザイン Official Site

Blog ブログ

映画・書籍レビュー

『アンサングシンデレラ』が面白い

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1』

医者ドラマや医者マンガは多いけれど、「薬剤師」が主人公のものは珍しいですよね。
さらに単なる薬剤師ではなく、「病院薬剤師」という職業。
このマンガで知ることも多く、勉強になりました。
1話完結ものでストーリーもわかりやすく、なんか近いうちドラマになりそうだなぁって気がします。



さてさて、「薬剤師」という仕事ですが、よく不要論があがりますよね。
確かに医師の処方箋どおりに薬を出すだけの機能であれば、やがては不要になっていくのかもしれません。
ただ、これってどんな仕事でも同じ。
仕事の本質を捉えずに、部分的に切り出した仕事を「所詮こんなものよ」と機械的にやっている人は徐々に不要になっていくし、頭を使って試行錯誤する人の仕事はたとえ職業の名前が変われどもしっかり残る。
結局は仕事に対する向き合い方の問題なのです。
このマンガのストーリーを見ると、その「仕事に対する向き合い方」ってものを考えさせてくれます。

医者に対して、切羽詰まった薬剤師が、こう叫ぶシーンがあります。

患者を助けるためなら俺にできることは何だってやる。
だから、あんたも、自分にしかできないことをやってから、医者を名乗れ!


こうやって切り出すとすごい発言なんですが(笑)。
でも、薬剤師であっても常に「患者を助ける」という自分の仕事の本質を押さえて、ベクトルをぶらさずに仕事をし続けることの重要性を感じるセリフです。

ってことで、まだ1巻しか読めてませんが、その範囲だけでも自分の仕事の向き合い方を振り返る機会が多くありました。
絵も結構好みだし、これからの展開が楽しみな作品。

みどりちゃん、がんばれ!



第2巻も出たらしい