Hiroyuki Araki Official Site

Blog ブログ

映画・書籍レビュー

『メルカリ』拝読!

11月26日発売の『メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間』。
献本いただき、発売前に入手しました。



今となっては押しも押されぬスター企業ですが、ここに至る道は決して平坦ではなかったことが改めて理解できます。
焦りがあり、トラブルがある。でもその過程で正しい選択をし、その結果として人が育ち、そして新しい人の縁に恵まれる。
こんな「小さな奇跡」の積み重ねで、今の姿があるんですよね。
「時計の針を数年前に戻したら、同じ道を辿れる自信がない」というのは、おそらく多くの成功したスタートアップの本音なんじゃないかと思います。
そして、こういう企業は、ややもすると、「初めから次元が違ったのではないか?」と思ったりもするんですが、時代の波に翻弄され、その中で必死にあがき続けたストーリーからは、「今、外から見えるメルカリのイメージ」とは異なる等身大の姿を見ることができます。

この本そのものは、ひたすら出来事をストーリー的に並べていて、教訓めいたことは書かれていません。
なので、ビジネススクール的に言えば、「ケース」のようなものです。
だから、この本の使い方としては、単に読むだけではなく、「ケース」として読みながら、
設問1:メルカリはなぜ成功したのか?
設問2:これからのメルカリはどうすべきか?

みたいな問いについて議論すればものすごく盛り上がるんじゃないかと思います。

この手の急成長企業の本は賞味期限が短いと思いますので、出た瞬間読むことが大事と思います。
ちょっとでも気になったら読んでみてはどうでしょう〜